スマートフォン版へ

【京都新聞杯予想】ダービーへの東上最終便、鍵は瞬発力よりも持久力

  • 2022年05月07日(土) 12時20分
 ダービーへの優先出走権こそ設けられていないが、過去10年間でキズナロジャーバローズがここをステップに本番を制しているほか、サトノラーゼンが2着、トーセンホマレボシが3着と重要度の高いレース。京都競馬場改修工事のために、今年も中京競馬場の2200mで行われる。その昨年は、タフな馬場状態だったとはいえ前、後半の6ハロンラップが72.2秒〜71.3秒という持久戦。瞬発力というよりも、良い脚を長く使えるような馬が有利にレースを運べる印象がある。

 ◎ヴェローナシチー若葉S2着馬で、重賞の京成杯、リステッドレースのすみれSはいずれも3着だった。長く良い脚を使うタイプだが、優先出走権を得ていた皐月賞を見合わせたように小回りコースでは持ち味を十分に発揮できない。近親のアーデントや祖母ヒカルアモーレなど相手なりに走る母系であることは否定しないが、中山、阪神の内回りコースから直線の長い中京コースに替わるのはプラス材料だ。エピファネイアの底力に期待したい。

 〇ボルドグフーシュゆきやなぎ賞の優勝馬。モーリス、そしてゴールドアクターなどを送り出したスクリーンヒーロー産駒で、母はフランスのマイル重賞勝ち馬。近親にはベリファベルマンの輸入種牡馬がいるほか、皐月賞2着イクイノックスも同じファミリーだ。ゲートで躓いてリズムを崩したエリカ賞は参考外。そのレースを除けば強烈な末脚を発揮し続けてきた。3着だった1月の1勝クラスも強敵相手に善戦しており、ここで見劣る馬ではないはず。

 ▲ブラックブロッサムは大寒桜賞の優勝馬。まだ折り合い面の不安が完全に払拭されたわけではないが、中京コースは2戦2勝。前走は、離れた3番手でレースを進め、前の馬たちが失速するタイミングで先頭を奪うとゴールでは独走となった。不安要素も多く抱えるが、余裕たっぷりに勝ち上がった過去2戦は、底を見せていないという点で魅力もたっぷりだ。

 △アップデートアザレア賞3着。キャリアの浅い馬で、血統的にも晩成型だが、末脚勝負になれば一角崩しの期待は、この馬だ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す