スマートフォン版へ

【羽田盃レース後コメント】ミヤギザオウ真島大輔騎手ら

  • 2022年05月13日(金) 10時30分
12日、大井競馬場(雨、稍重)で行われた第67回羽田盃(SI)は、道中では後方3番手から追走していた単勝9番人気のミヤギザオウ(大井)が、直線は最内を一気に突き抜けて優勝。勝ちタイムは1分52秒4だった。13番人気のライアン(浦和)が2着に入り、逃げた1番人気のシャルフジン(船橋)は3着だった。2番人気のナッジ(大井)は7着、3番人気のリコーヴィクター(大井)は5着だった。

ミヤギザオウ父パイロ母シルクドレス(母父ディープスカイ)の牡3歳、黒鹿毛。大井・森下淳平厩舎所属。通算6戦3勝、重賞はこれが初出走だった。

レース後のコメント

1着 ミヤギザオウ(真島大輔騎手)
「森下(淳平)先生とは、良い馬なので『今日は東京ダービーのチケットを』という話をして、東京ダービーを見据えた競馬をしよう、ということでしたが、馬が踏ん張って勝ってくれました。ペースが速いとは思っていましたが、馬のリズムを大事にして乗りました。自分には(直線で)外という選択肢はなく、最内が開いていたので真っ直ぐ走りました。良い馬だと思って見ていましたが、乗せてもらって勝利へと導くことが出来て嬉しいです。(東京ダービーでは)迎える立場なので、努力していきたいと思います」

(森下淳平調教師)
「馬は落ち着いていて、普段通りでした。自分のリズムで運べれば、最後はいい脚を使ってくれると思っていました。ゴール前は東京ダービーの権利が取れればと思っていましたが、ラスト1ハロンで勝てるかも、と思えた時にはビックリしました。元々最大の目標は東京ダービーでした。ここを使ってさらに上がってくると思いますし、自信を持って(東京ダービーへ)臨みたいです」

2着 ライアン(今野忠成騎手)
「いい所まで行きましたが......。ただ、前回のようにふらふらした面は見せませんでした。距離は長いほうが良いです。次も頑張ります」

3着 シャルフジン(御神本訓史騎手)
「終始マークされて、道中のペースが厳しかった事もありました。押し切れる能力はあると思いましたが......。勝った馬と2着馬は後ろから来た馬でしたからね。その中でよく粘っていますし、能力はありますが、残念です」

7着 ナッジ(矢野貴之騎手)
「位置取りはあんなものか、という感じでした。課題も見つかりましたし、ダービーでは(自分が)どれだけどしっと構えて乗れるかだと思います。距離が延びるのは問題ないですし、馬は少しずつ良くなっています」

(取材:大関隼)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す