スマートフォン版へ

【日本ダービー】ダノンベルーガ 軽快走 堀師「上首尾です」と好感触

  • 2022年05月13日(金) 06時04分
 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 皐月賞4着のダノンベルーガは12日、美浦Wで単走追い。タイムは計時不能になったが、馬場の真ん中を馬なりながら、軽快なフットワークで駆け抜けた。動きを見届けた堀師は「単走でリズム優先の追い切りでしたが、後肢の緩さは残るものの、体の左右のバランスと息遣いは良く、2週前とすれば上首尾です」と好感触。厩舎のGPS計測では、5F66秒6-37秒4-11秒8だったと付け加えた。

 前走は最内枠から馬場の荒れたところを通る不利がありながら、最後までしぶとく食い下がった。初黒星を喫したが、不安視されていた右回りでもしっかりと走り切り、次につながる内容だった。トレーナーは「体の戻りは共同通信杯の時より早く、カイバも完食しています。しっかりと疲れを取って、3週前からやり始めました。慎重に立ち上げてきたので、段階を踏んで仕上げています」と順調な調整過程を強調する。2戦2勝の東京に舞台が変わるのは大きなプラス材料。巻き返しへ向けて、徐々にピッチを上げていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す