スマートフォン版へ

【平安S】テーオーケインズ 休み明けでも好ムード 動きしっかり 高柳大師も合格点

  • 2022年05月19日(木) 06時06分
 「平安S・G3」(21日、中京)

 余裕残しではあるが、それでも王者らしく威厳に満ちた動きで駆け抜けた。サウジC8着から3カ月ぶりの復帰戦を迎えるテーオーケインズは18日、栗東坂路で最終追い。終始馬なりだったが、力強い脚取りで4F53秒1-38秒7-12秒3をマークした。

 見守った高柳大師は「いつも通り、しっかりした動きでしたね」と合格点を与える。一度使った方が良くなるタイプで、ここは連覇が懸かる帝王賞(6月29日・大井)に向けてのステップレース。それでも、休み明けの緩慢さを感じさせず、好ムードを漂わせた。

 「落ち着き過ぎて怖いくらい。これが実戦でどう出るか」と指揮官が心配するほど、海外遠征を経験して気性面が成長した。初めて背負う斤量59キロは気になるところではあるものの、G3レベルで泣き言は言っていられない。ダートの現役最強馬が力の違いを見せつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す