スマートフォン版へ

【メイSレース後コメント】カレンシュトラウス池添謙一騎手ら

  • 2022年05月21日(土) 17時54分
東京11Rのメイステークス(4歳以上オープン・芝1800m)は1番人気カレンシュトラウス(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒3(稍重)。1馬身3/4差の2着に4番人気エイシンチラー、さらにクビ差の3着に8番人気ワールドウインズが入った。

カレンシュトラウスは栗東・平田修厩舎の5歳牡馬で、父ルーラーシップ母アグネスワルツ(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は14戦5勝。

レース後のコメント
1着 カレンシュトラウス(池添謙一騎手)
「馬場傾向が外伸びに変わっていたので、いつでも外に出せるように、馬のリズムとポジションを意識して進めました。リズム良く走れて、自身を持っていきました。

勢いに乗ればソラも使わず長く良い脚を使うので、堂々と外を回るレースをして、完勝でした。ここ2戦結果が出なかったので、今日は結果が出て良かったです」

2着 エイシンチラー(松岡正海騎手)
「向正面で隊列が決まらず、ポジションが悪くなってしまいました。本当はもう一列前で競馬をするつもりでした。もう一列前で運べていれば、もう少し差は詰まったと思います」

3着 ワールドウインズ(田中勝春騎手)
「自分の位置取りでジッとしていられました。ハナに行っても良いと思っていましたが、行く馬がいたので、それを見ながら運んで、内からよく伸びてくれました」

8着 キングストンボーイ(横山武史騎手)
「久々でしたし、仕方がないです。8ヶ月の休み明けで勝てるほどオープンは甘くないですね。でも本当に良い馬ですし、ここを使って次は変わってくると思います。先々は重賞でもチャンスがあるはずですし、今日は無事に終わることができて良かったです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す