スマートフォン版へ

【エプソムCレース後コメント】ノースブリッジ岩田康誠騎手ら

  • 2022年06月12日(日) 20時02分
東京11Rの第39回エプソムカップ(3歳以上GIII・芝1800m)は4番人気ノースブリッジ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒7(重)。クビ差の2着に8番人気ガロアクリーク、さらにクビ差の3着に2番人気ダーリントンホールが入った。

ノースブリッジは美浦・奥村武厩舎の4歳牡馬で、父モーリス母アメージングムーン(母の父アドマイヤムーン)。通算成績は9戦5勝。

レース後のコメント
1着 ノースブリッジ(岩田康誠騎手)
「向正面、3〜4コーナーと随所で我慢も利いて、直線半ばまで馬なりで行けました。いつもの癖で遊んでフラフラして、ゴール前で邪魔をしてしまうところもありましたが、奥の深い馬です。一週前の感触では調子がどうかと思いましたが、その後の一週間で厩舎の力を見せてくれました。今日は長い直線も食いしばって頑張ってくれましたし、これから一緒に上を目指せる馬です」

(奥村武調教師)
「重賞でどこまでやれるのか、やれなければいけないと思っていましたが、勝てて良かったです。ゲートをクリアしながら順調に来ていますし、掛かるところも我慢できていました。渋太く脚を使うところも生かせたと思います。落ち着いて自在性も出てきましたし、人とのやり取りができるようになってきました。1800m〜2000mがベストだと思います。今後どこを目標にするかは、馬に合わせて柔軟に考えたいと思います」

2着 ガロアクリーク(石橋脩騎手)
「あと少しでした。今回はゲート再審査明けでしたが、今週の調教に乗って、走る馬だという感触を得ていました。レースではこの馬のリズムと馬場(走らせるコース)を間違わないよう心掛けて乗りました。最後の直線で一旦前に出たのですが、相手が粘り強かったです。この馬も力をつけています」

3着 ダーリントンホール(C.ルメール騎手)
「道中は一生懸命走りました。直線の反応は速くなく、同じスピードでジリジリと伸びました。良い競馬はしていると思います」

5着 タイムトゥヘヴン(戸崎圭太騎手)
「この馬のリズムでレースができました。ラストもよく伸びていますが、もう少し綺麗な馬場でレースがしたかったです」

6着 ザダル(D.レーン騎手)
「道中のポジションは悪くなく、リズム良く走りました。ただ雨は上がりましたが、濡れていた分、力を出し切れませんでした。パンパンの馬場の方が力を出せる馬です」

8着 シャドウディーヴァ(坂井瑠星騎手)
「この馬のリズムで、イメージ通りにレースを進められたのですが、4コーナーで馬場に脚を取られてから、それまでの手応えがなくなりました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す