スマートフォン版へ

出世レースに“イケメン”登場! アンテロースはハートを射抜く/POGマル秘週報

  • 2022年06月22日(水) 19時13分
 ダービーウイークのことだ。ルーティンワークの厩舎回りをしていると、ある関係者に呼び止められた。記者が手に持っていた某競馬週刊誌を見せてほしいと。そしてダービー出走馬たちの写真を見ながら、こんなことをつぶやいた。

「やっぱりダービーに出るような馬は顔つきからして違うよな〜。みんな格好いいもん」

 以前から「格好いい名前の馬は走る説」に対して、「走る馬の名前は格好よく思えてくる説」を唱えてきた当方。それゆえ「イケメンホース=走る説」にイエスとは即答できなかったのだが…。

「最近、はやりのウマ娘に出てくる馬たちだってそうじゃない。トウカイテイオーなんて、びっくりするくらい男前だったんだからさ」

 画像を確認すると、確かにこれはイケメンだ。

「でしょ。単に顔つきの話だけじゃなくて、内面から出てくるものがあるんだと思うんだよな」

 そういえば、あのディープインパクトも「目の輝きを見て」金子真人オーナーは購入を決めたという。血統や体形だけでなく、顔を見るのも「相馬眼」を養うためには大事なポイントのひとつなのかもしれない。

 かなり前振りが長くなってしまったが、本題はここから。宝塚記念当日(26日)に行われる阪神芝外1800メートル新馬戦といえば、2020年ダノンザキッド(ホープフルS)、17年ダノンプレミアム(朝日杯FS)など、後の重賞勝ち馬が多数勝ち上がっている出世レース。そんな注目の番組に楽しみな“イケメンホース”が出走する。

 アンテロース(牡=父モーリス母シャブリ・岡田)はシュッとした顔立ちに、額にはハート形の流星。二次元の世界から飛び出してきたようなその風貌は、何か“持っている”と期待を抱かずにはいられない。

「検疫の時から女医さんやスタッフの方々がとても注目してくれて。“顔のいい馬は走る”というのはよく聞きますし、この馬にも頑張ってほしいですね」とは担当の北野助手だが、もちろん、顔だけでなく、中身も伴っている。近親に世界ランク1位にも輝いたジャスタウェイがいる血統馬で「スピードがあって、初めてウッドで追い切った時から楽にいい時計が出ました。首差しや背中の柔らかさなどを見ると、母父のディープインパクトが出ている感じがします。フットワークも素軽いですよ」。

 ドウデュースで今年のダービーを制したキーファーズ・松島正昭オーナーの長女、松島悠衣氏が代表を務めるインゼルサラブレッドクラブの所有馬。同クラブは12日の函館新馬戦でクリダームが所属馬初出走、初勝利を決めるなど勢い十分で、もちろん、相性抜群の武豊騎手とのコンビなのも心強い。

 アンテロースとはギリシャ神話の「返愛の神」。その特徴的な流星のように、ファンのハートを射抜く走りを見せてくれるに違いない。

(西谷哲生)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す