スマートフォン版へ

【POG】ブラストウェーブ 有馬Vの全弟登場 大竹師「見た目や体つきがそっくり」

  • 2022年06月22日(水) 12時20分
 「新馬戦」(25日、東京)

 21年はのちの皐月賞ジオグリフと、ダービー3着のアスクビクターモアが激突した、東京最終週の芝9F戦。22年はグランプリホースの弟が登場する。

 25日の5Rでデビューを迎えるブラストウェーブ(牡2歳、父ハービンジャー、美浦・大竹)は、全兄が18年有馬記念覇者のブラストワンピース。既に540キロ台の雄大な馬体を誇っており、大竹師は「兄に似ていますね。見た目や体つきがそっくり」と目を細める。

 16日の1週前追いでは、美浦W6F80秒3-37秒4-11秒5の好時計をマーク。兄と同じ緑色のシャドーロールを着用し、デルニエエトワール(5歳1勝クラス)、サカエショウ(3歳1勝クラス)と併入した。指揮官は「動きはまずまず。期待に負けないレースをしてほしいね」と初陣Vをにらんでいた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す