スマートフォン版へ

【大雪HC】(札幌) ブラッティーキッドが後続を突き放してオープン入り

ラジオNIKKEI
  • 2022年07月24日(日) 19時22分
札幌11Rの大雪ハンデキャップ(3歳以上3勝クラス・ダート1700m)は1番人気ブラッティーキッド(水口優也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒3(良)。2馬身半差の2着に7番人気オレンジペコ、さらにクビ差の3着に5番人気リキサントライが入った。

ブラッティーキッドは栗東・中尾秀正厩舎の4歳牡馬で、父シニスターミニスター母デザートレジーナ(母の父タヤスツヨシ)。通算成績は20戦8勝。

レース後のコメント
1着 ブラッティーキッド(水口優也騎手)
「3〜4コーナーでずぶい面は見せましたが、サトノロイヤルをマークする形で思った通りのレースができました。直線では追った分だけ伸びる感じでした。ここに来てビックリするほど強くなっています」

2着 オレンジペコ(古川吉洋騎手)
「久しぶりのダート戦でしたが、スムーズなレースができました。51kgのハンデも良かったと思います。最後までしっかり走っているのですが、今日は勝ち馬が一枚上でした」

3着 リキサントライ(池添謙一騎手)
「久々のレースで全体的に緩さはありましたが、レースでは4コーナーで良い勢いで動いていけました。1回レースを使って良くなると思います」

4着 スペロデア(黛弘人騎手)
「風が強く、逃げる馬にはきつい条件で、3〜4コーナーでギアをひとつ上に上げることができませんでした。それでも最後までよく頑張っています。この距離は合っています」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す