スマートフォン版へ

シンガポール航空国際C、日本馬ワンツー!

  • 2007年05月20日(日) 21時35分
 現地時間20日、星・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m)は、田中勝春騎手騎乗のシャドウゲイト(牡5、美浦・加藤征弘厩舎)が、4番手追走から直線で抜け出し、先行策から連覇を狙ったコスモバルクを1.1/4馬身差抑えて優勝。日本馬2頭でワンツーフィニッシュを飾った。勝ちタイムは2分04秒0(稍重)。さらに短頭差の3着にはドクターディーノ Doctor Dinoが入った。

 勝ったシャドウゲイト父ホワイトマズル母ファビラスターン(その父サンデーサイレンス)という血統。祖母カッティングエッジは89年クイーンC(GIII)、88年3歳牝馬S・東(GIII)の勝ち馬。

 3歳時は05年プリンシパルS(OP)2着から日本ダービー(GI)に出走し(16着)、続くグリーンチャンネルC(500万下)を勝って菊花賞(GI)にも出走(15着)。4歳夏から力を付け、昨年7月の大森浜特別(500万下)で3勝目を勝利を挙げると、12月の香取特別(1000万下)を7馬身差で圧勝。今年1月の中山金杯(GIII)も同じく7馬身差で圧勝して重賞初制覇を飾った。前走は産経大阪杯(GII)でメイショウサムソンから1/2馬身差の2着に入っていた。通算成績19戦6勝(うち海外1戦1勝、重賞2勝)。

 なお、日本馬による海外G1ワンツーは、02年クイーンエリザベス2世C(香G1、1着エイシンプレストン、2着アグネスデジタル)、06年メルボルンC(豪G1、1着デルタブルース、2着ポップロック)に続く3度目となる。

 鞍上の田中勝春騎手、管理する加藤征弘調教師ともに海外重賞初制覇。加藤征弘調教師は国内・海外通じてG1初制覇となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す