スマートフォン版へ

【新潟ジャンプSレース後コメント】ホッコーメヴィウス黒岩悠騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2022年07月30日(土) 16時45分
新潟8Rの第24回新潟ジャンプステークス(障害3歳以上J・GIII、芝3250m)は3番人気ホッコーメヴィウス(黒岩悠騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分28秒4(良)のレコード。3/4馬身差の2着に1番人気ゼノヴァース、さらに4馬身差の3着に4番人気ヴァーダイトが入った。

ホッコーメヴィウスは栗東・清水久詞厩舎の6歳セン馬で、父ダイワメジャー母ホッコーメモリー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は35戦4勝。

レース後のコメント
1着 ホッコーメヴィウス(黒岩悠騎手)
「いつも通りスッとスタートが切れて、上手く先手を取ることができました。乗っていてそんなに速くない感覚で、正面スタンド前の障害を飛んだ時にキツくない感じでしたから、このまま行ってくれと思っていたのですが、向正面でもそのままの感じでした。レコード決着でしたから、前に行った分の利もあったと思います」

2着 ゼノヴァース(森一馬騎手)
「今までは飛越で一歩入る完歩の時はスピードがダウンするところがあったのですが、今日は一歩入る完歩の時も、流れの中で飛んでいけました。そのあたりに成長を感じます。勝った馬とは経験の差もあったと思います」

3着 ヴァーダイト(小牧加矢太騎手)
「障害を飛んで前へ進むタイプの馬で、今日も前の位置でそのようなレースができました。最後に伸びそうで伸びなかったのは、暑い中で調教を進めてきたせいかもしれません。重賞でもやれる力があります」

4着 ニューツーリズム(伴啓太騎手)
「ゲートに注意して乗りました。今日は二の脚がついて、最初の3つの障害から自分でハミを取って飛んでくれました。前の馬にどれだけ食らいつけるかと思っていたのですが、3コーナーからキツくなりましたが、よく頑張ってくれました」

5着 アサクサゲンキ(石神深一騎手)
「レコードの出る流れで、押っつけ通りになりました。今日は休み明けで体に余裕がありましたし、次のレースまでに良い感じになってくると思います」

10着 ケイティクレバー(北沢伸也騎手)
「今日はゲートを出てからの進みが良くなかったですし、道中は早々に手応えが怪しくなりました。暑さに弱いタイプで、この季節は良くないのかもしれません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す