スマートフォン版へ

ダイヤモンドハンズ、札幌2歳S追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2022年08月03日(水) 17時27分
 新種牡馬サトノダイヤモンドの産駒として最初にデビュー勝ちを決めたダイヤモンドハンズ(栗東・池江泰寿厩舎)。前走後は一旦放牧に出されており、7月28日にノーザンFしがらきから栗東へ帰厩した。今朝3日は次走予定の札幌2歳S(9月3日・札幌芝1800m)に向けた追い切りを行っている。

 1回目のハローが終了した直後のCWで3頭併せ。3歳未勝利のロマンドブリエが先行し、これに2歳新馬のレッドヴァジュラがついていく。これら2頭を前に見る形でダイヤモンドハンズだったが、6F標識の地点で先頭との差は5馬身ちょっとくらいだった。

 向正面でのラップは決して速くなかったが、3コーナーから4コーナーにかけて先頭がペースアップ。ダイヤモンドハンズは内を回ったとはいえ、楽な手応えで前に並びかけてくる。そして、最後の直線に向いたところではじわじわと前に並んだ。

 ラスト1F標識手前辺りで外2頭の手応えが一杯になると、こちらは軽く仕掛ける程度でビュンと伸びて2頭を突き放す。素晴らしい瞬発力で相手を圧倒し、楽々と先着。時計は6F84.2〜5F66.3〜4F50.8〜3F36.6〜2F23.0〜1F11.6秒。まだレースまで1ヶ月の時間がある時点でこの動きは、とんでもないという言葉しか出てこない。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す