スマートフォン版へ

【POG情報】アパパネの子アスパルディーコ帰厩/馬三郎のつぶやき

  • 2022年08月03日(水) 18時15分
◆推進力抜群アヴニールドブリエ ルメールで21日札幌新馬戦へ(3日・森元)

 祖母にGI5勝馬メジロドーベルを持つアヴニールドブリエ(牡2歳、美浦・宮田、父エピファネイア母レーヌドブリエ)がこの日、美浦Wで5F66秒9-11秒6(強め)をマーク。軽く促した際の反応が素早く、推進力は抜群だった。馬っぷりも目立ち、資質はかなり高い。初陣は21日の札幌5R(芝2000m)。鞍上にはルメールJを予定している。

アパパネの子アスパルディーコが軽快に2本目の時計マーク(3日・石渡)

 10年3冠牝馬アパパネの子で、いったん放牧へ出されていたアスパルディーコ(牝2歳、美浦・蛯名正、父ブラックタイド)が帰厩。この日は美浦坂路で4F57秒4-42秒3-13秒9をマークした。これが入厩後2本目の時計。軽快なフットワークが好印象で、今後の調整過程に注目が集まる。

◆母は英GI馬 アイリッシュパール良血にたがわぬ身のこなし(3日・石堂)

 母に英1000ギニー馬を持つアイリッシュパール(牝2歳、美浦・栗田、父サクソンウォリアー母ホームカミングクイーン)がこの日、美浦Wで追い切りを消化し5F71秒3-39秒1-12秒3をマーク。単走で終い重点ながら、身のこなしはスムーズで手先がよく伸びていた。見た目もシャープにまとまっており、調整は上々の気配で進んでいる。

◆近親にはタニノギムレットも 初速抜群セーヌドゥレーヴ(3日・妹尾)

 スピードとセンスの良さを感じさせるセーヌドゥレーヴ(牝2歳、栗東・吉岡、父ダイワメジャー母シュヴァリエ)。この日は入厩して間もない状況でゲート試験に臨み、あっさりと合格した。途中から流したため1Fのラップは16秒1と遅いが、スタートからの初速は抜群。注目していきたい一頭だ。

◆3頭併せで力強く反応 レミージュ栗東CWで1F11秒3(3日・竹村)

 レミージュ(牝2歳、栗東・松永幹、父キズナ母バイコースタル)がこの日、栗東CWで追い切りを行った。3頭併せの最内に入る形で、残り1F地点ではまだ併走相手の後ろにいたが、仕掛けられると力強く反応して1F11秒3をマーク。坂路、CWを織り交ぜて順調に乗り込まれ、着実に気配は上向いている。

「競馬新聞 デイリー馬三郎」は、JRA開催全場の馬柱を完全掲載&全レース予想!最強の馬三郎取材陣40名超の予想がご覧いただけます。パソコン向けサービスで、在宅での競馬ライフにピッタリ!詳しくはこちらでご確認ください。
※リンク先はパソコン向けのページとなっております

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す