スマートフォン版へ

メイショウネムノキ出陣 母メイショウベルーガの忘れ形見がベール脱ぐ

  • 2022年08月05日(金) 06時00分
 「新馬戦」(7日、札幌)

 昨年8月2日に天国へ旅立った重賞2勝馬メイショウベルーガを母に持つメイショウネムノキ(牝2歳、父ロードカナロア、栗東・池添兼)が、7日の札幌5R(芝1800メートル)でデビュー。母だけでなく、兄テンゲンや姉ミモザも手掛けてきた池添兼師にとっては、思い入れの深い一頭だ。

 「ロードカナロアだけど、胴が長いから距離は持つと思う。ただ、やっぱり奥手な血統だからね」と池添兼師は、現状はまだ成長途上という評価。最終追い切りにまたがった池添も「まだまだこれからの馬。使ってどれだけ良くなってくるか」と慎重なジャッジだ。

 それでも、母の背を知る鞍上が「走り方はベルーガに一番似ている」と素質を評価すれば、指揮官も「最後の子だからね。もちろん楽しみですよ」と期待十分。来年2月に定年を迎える指揮官の夢を託された名牝の忘れ形見が、北の大地でベールを脱ぐ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す