スマートフォン版へ

【関屋記念予想】安田記念出走馬が好走! 重視すべき「重賞勝ち経験組」の条件とは

  • 2022年08月13日(土) 08時05分
 真夏のマイル決戦、関屋記念。新潟競馬場外回りの直線は約659m。向こう正面の直線距離も550mほどあり、都合1200m、75%以上が直線で構成されるコース。そのせいか毎年のように速い時計での決着が続いており、それに対応できる頑強さが求められるレースとなっています。

 “頑強なスピード”と言えばGI・安田記念にも通ずるものがあり、同年の安田記念を使われた馬の好走が目立つレースとも言えるでしょう。安田記念での着順問わず、このパターンの勝ち馬を挙げるだけでも、ざっと7頭。コース改修の2001年以降、延べ出走頭数30頭で【7-3-3-17】、勝率23%、単勝回収率278%の好成績となっているのです。

 しかし“安田記念出走馬が良い”という事実でとどまらず、“安田記念に出走できるような馬が良いのではないか”と考えた場合どうでしょう。もう一歩思考を進めてみたほうが、考え方の幅を広げられるのかもしれません。下の表は2001年以降の関屋記念勝ち馬一覧で、該当年の 関屋記念以前に 1600m以上の重賞を勝っていた馬には○、1600m以上の重賞勝ちがなかった馬には×を付けてみました。

関屋記念勝ち馬一覧
2001年 マグナーテン    ×
2002年 マグナーテン    ○
2003年 オースミコスモ   ×
2004年 ブルーイレヴン   ○
2005年 サイドワインダー  ○
2006年 カンファーベスト  ○
2007年 カンパニー     ○
2008年 マルカシェンク   ○
2009年 スマイルジャック  ○
2010年 レッツゴーキリシマ ×
2011年 レインボーペガサス ○
2012年 ドナウブルー    ○
2013年 レッドスパーダ   ○
2014年 クラレント     ○
2015年 レッドアリオン   ○
2016年 ヤングマンパワー  ○
2017年 マルターズアポジー ○
2018年 プリモシーン    ○
2019年 ミッキーグローリー ○
2020年 サトノアーサー   ○
2021年 ロータスランド   ×

 2001年以降、1600m以上重賞勝ち馬は 延べ112戦17勝、勝率15%の単勝回収141%。それに対して1600m以上重賞未勝利馬は 延べ221戦4勝、勝率2%の単勝回収37%。これほどの差が見えているなら、今年もこの“重賞勝ち経験組”を重視していくべきなのではないでしょうか。ちなみに今年の関屋記念・出走馬で、1600m以上の重賞に勝ち鞍を持つ馬は イルーシヴパンサーザダルダノンザキッドリアアメリアの4頭だけという状態です。

 闇雲にデータだけを見るのではなく、まずは仮説を立てて、そこから裏付けとしてのデータ・リサーチ。ウマい馬券では、ここから更に踏み込んで関屋記念を解析していきます。印の列挙ではなく『着眼点の提案』と『面倒な集計の代行』を職責と掲げる、岡村信将の最終結論に ぜひご注目ください。

(文・岡村信将)

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す