スマートフォン版へ

母は三冠牝馬アパパネ 蛯名厩舎が送り出す良血馬アスパルディーコ/関東馬メイクデビュー情報

  • 2022年08月23日(火) 18時20分
 今週の新潟では2010年の3冠牝馬アパパネの5番仔がスタンバイ。蛯名正義厩舎の2歳馬は前週、札幌の芝2000mでインスタキングがデビュー勝ちを飾った。これに続くか、まずは初戦のレースぶりに注目だ。

【8月27日(土) 新潟芝1600m・牝馬】

アスパルディーコ(牝、父ブラックタイド母アパパネ、美浦・蛯名正義厩舎)

 キングカメハメハ産駒の母はGI・5勝(阪神JF、桜花賞オークス秋華賞ヴィクトリアマイル)。兄姉はアカイトリノムスメ(秋華賞)、ジナンボー(新潟記念2着)など4頭とも勝ち上がっている。

 ここ2週の追い切りでは田辺裕信騎手が感触を確かめた。ひと追い毎に時計を詰めており、仕上げの過程は順調だ。

「春先に比べると体重も増えたし、いい体つきになっている。だいぶ幅が出てきた。気が入りやすいけど、人との関係性はいい。走りが軽いし、芝に行って良さそう」と蛯名正義調教師。鞍上は田辺騎手が予定されている。

アスコルティアーモ(牝、父キタサンブラック母アスコルティ、美浦・林徹厩舎)

 叔母にタッチングスピーチ(ローズS)、叔父にサトノルークス(菊花賞2着)がおり、2歳上の半兄に現オープンのアスコルターレ(マーガレットS)がいる。

 先週の追い切りは3頭併せの真ん中に入り、ウッドチップコースでラスト1F11.6をマークした。

「春に入厩した頃より、だいぶ大人になってきました。いいスピードがありそうです」と林徹調教師。鞍上は池添謙一騎手が予定されている。

シロノクミキョク(牝、父ゴールドシップ母マイネアラベスク、美浦・鈴木伸尋厩舎)

 近親に目立つ活躍馬こそいないが、調教の気配がいい。2週前(8月10日)にはウッドチップコースで2頭の3歳馬を追走させ、きっちりと最先着している。先週(18日)はゲートを確認した。

「走ることに前向きで素直。引っ掛かるようなところもないし、現状は課題らしい課題がない。調教通りなら初戦から楽しみ」と鈴木伸尋調教師。鞍上は津村明秀騎手が予定されている。

【8月28日(日) 新潟芝1600m】

クロスライセンス(牡、父キズナ母トップライセンス、美浦・鹿戸雄一厩舎)

 キンシャサノキセキ産駒の母はデビュー勝ちを含む3勝。従兄弟にスワーヴリチャード(GI2勝=大阪杯、ジャパンC)がいる。

「ゲート試験も早い時期に受かったし、素直な性格で順調に乗れている。ひと追い毎に馬体も締まってきたし、先週の追い切りは楽な感じで動けていた。一生懸命に走るタイプです」と鹿戸雄一調教師。鞍上は池添謙一騎手が予定されている。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す