スマートフォン版へ

【ローズSレース後コメント】アートハウス川田将雅騎手ら

  • 2022年09月18日(日) 20時36分
中京11Rの第40回関西テレビ放送賞ローズステークス(3歳GII・牝馬・芝2000m)は1番人気アートハウス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒5(良)。半馬身差の2着に2番人気サリエラ、さらにクビ差の3着に7番人気エグランタインが入った。

アートハウスは栗東・中内田充正厩舎の3歳牝馬で、父スクリーンヒーロー母パールコード(母の父ヴィクトワールピサ)。通算成績は5戦3勝。

レース後のコメント
1着 アートハウス(川田将雅騎手)
オークスで色々とうまくいかなかった中で、それを改善しようとやってきて、結果が出たのはありがたいです。前半、リズムよく進んでいく中で、自然にとれたポジションですが、そこで我慢できるように運びました。直線では、最後に迫ってきた馬もいましたが、良い内容で走っていたので、捕まらないだろうと思っていました。

 オークスでは、走りのバランスが保てずに崩れてしまいました。その後、大事にケアしながら歩んできたことで、ある程度改善することができて、今日の結果となりました。

 これなら、本番はさらに良い状態でいける感触を持ちました。ニ冠馬との対戦になりますが、しっかりと準備して、胸を張って秋華賞を迎えたいです」

2着 サリエラ(C.ルメール騎手)
「最初スピードが足りなくて後ろからになりましたが、ずっと冷静に走っていました。3、4コーナーの反応が少し遅かったのですが、ラスト300mは良い脚を使ってくれました。広い競馬場の方が良いです」

3着 エグランタイン(池添謙一騎手)
「勝負どころで手が動いても伸びてくれました。まだ芯が入っていなくて左右のバランスがブレますが、まだまだこれから良くなってくると思います。その中であそこまで詰め寄ってくれましたし、権利が取れましたから最低限の仕事はできたと思います。これからが楽しみな馬です」

4着 ラリュエル(坂井瑠星騎手)
「終始、力みながらの走りでしたが、強い馬を相手によく頑張ってくれました。ベストはもう少し短い距離かもしれません」

5着 メモリーレゾン(古川吉洋騎手)
「勝負に出ての5着ですから仕方がありません。今日はメンバーも強かったですし、久々という感じも少しありました。時計も速い中よく頑張ってくれました。次は良くなると思います。あとは本番に出ることが出来れば、ですね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す