スマートフォン版へ

【オールカマー】「また工真とGIの舞台に立ってみたい」ロバートソンキー林徹調教師と伊藤工真騎手の深い絆/トレセン発秘話

東京スポーツ
  • 2022年09月22日(木) 18時01分
 調教師は騎手を、騎手は調教師を――。ロバートソンキー林徹調教師と伊藤工真(たくま)騎手の間には、お互いをたたえ合う深い絆がある。

 林師は「(前走は)工真ジョッキーがうまく乗ってくれました。本当に研究熱心。攻め馬もレースも感触を丁寧に伝えてくれますし、すごく考えて乗ってくれます。(その姿勢を)見習わないといけないなと思いますし、一緒に働いていて刺激になります」と騎手への感謝を伝えた。

 それを鞍上に伝えると「先生はいつもそう言ってくださるんですよね。本当にありがたいです」と照れくさそうに笑った。その気持ちはジョッキーも同じ。「毎回しっかり走れる状態で(馬を)送り出してくれます。競馬に向き合ってくれる方。信頼して臨めますね」

 2人の出会いは、15年以上前の競馬学校。学校ではいくつかの厩舎に分かれ、騎手課程、厩務員課程の生徒が馬の扱いなどを学んでいる。その厩舎が偶然にも一緒だったという。伊藤が「先生は牧場を経験して入られているので、僕は教えていただく立場でした。今思えば、その時から面倒を見てもらっていましたね」と言えば、林師は「工真は当時から真面目で一生懸命でした」と振り返った。

 林厩舎のGI初出走は、ロバートソンキーの20年菊花賞。20年の神戸新聞杯(3着)で、大舞台への切符を手にした。GIを戦ってきた馬たちが多数出走する中で、伊藤騎乗のロバートソンキーは1勝クラス2着から重賞へ挑み、14番人気ながら3着に好走。

 師にとって、GI挑戦権を得た神戸新聞杯は忘れることのできないレースだ。「工真のおかげで初めてGIの舞台に立たせてもらえました。工真が連れて行ってくれた。うれしかったですね。直線は頭が真っ白になりました(道中14番手から6着)。震えるような感動は、今も昨日のことのように覚えています」

 その後、天皇賞・春でもタッグを組んでシングル着順(7着)を手にしており、今秋もオールカマー(25日=中山芝外2200メートル)の走り次第では大舞台が見えてくる。鞍上が「一緒に大きいタイトルに向かって頑張っていけることは、本当に恵まれていると思います。少しでも恩返しができれば」と意気込めば、師も「また工真と一緒にGI(候補は天皇賞・秋ジャパンカップ有馬記念)の舞台に立ってみたい」と目を輝かせた。トレセンでも馬について話し込む姿をよく見る2人。強固な信頼関係で、オールカマーへ向かう。

(美浦の同期の絆目撃女子・三嶋まりえ)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す