スマートフォン版へ

【清秋ジャンプS】(中山) 直線での競り合いを制したジェミニキングが連勝

ラジオNIKKEI
  • 2022年09月24日(土) 15時33分
中山8Rの清秋ジャンプステークス(障害3歳以上オープン・芝3210m)は7番人気ジェミニキング(難波剛健騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分45秒7(不良)。3馬身半差の2着に4番人気マイネルグロン、さらに大差の3着に6番人気サンティーニが入った。

ジェミニキングは栗東・服部利之厩舎の6歳セン馬で、父トランセンド母ピシーズクイーン(母の父アグネスデジタル)。通算成績は26戦7勝。

レース後のコメント
1着 ジェミニキング(難波剛健騎手)
「勝つまでに時間はかかりましたが、未勝利戦の勝ち方が良かったですし、むしろそれまでに様々な経験を積むことができていました。いいスタートを切って、いい位置で運べ、ステッキに対し、ちゃんとハミをとってくれました。平地時代に着けていたブリンカーを着けて、レースぶりが安定しました。トモに力がつけば機動力が上がると思いますし、スタミナはあります。スピード馬場よりも、これくらいの馬場がいいかもしれません。昇級戦、このメンバーでどうかと思いましたが、こちらが思っていたよりも成長しています。昇級戦でいい走りをしてくれて嬉しいです」

2着 マイネルグロン(小野寺祐太騎手)
「昨日、美浦へ乗りに行き、また過去のレースも参考に、ある程度、感触を掴んでいました。道中、力んだり、気持ちが入ったり抜けたり、リズム良く行けないところがありますが、折り合いに気をつけて手応えよく追走しました。1頭強い馬がいましたが、3着以下は大きく離していますし、この先が楽しみです」

3着 サンティーニ(五十嵐雄祐騎手)
「リズム重視の競馬で、いい感じでした。今日は馬場の影響もあったかもしれませんが、地力がありますから3着に来ました。また勝ち負けできると思います」

4着 エミーリオ(上野翔騎手)
「枠順的に、最初の1周が苦しい競馬になってしまいましたが、初めての中山で、最後に脚を使っての4着ですし、収穫はありました。競馬場を選びませんし、メンバー次第だと思います」

9着 ビレッジイーグル(大江原圭騎手)
「状態は夏負けの影響がありましたし、今日の馬場もしんどかったです。この馬の地力でどこまでと思いましたが、甘くはありませんでした。また立て直せればと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す