スマートフォン版へ

【ウポポイオータムスプリント予想】新勢力の台頭で群雄割拠の様相を呈する短距離路線

  • 2022年09月28日(水) 18時00分
 地方競馬は常として、他場からの新勢力、主に中央からの転入馬によって、目まぐるしく勢力図が塗り替えられていく。中央3歳未勝利戦の終了時期が早まったことで、この動きはさらに加速した印象を受ける。

 未勝利馬の転入は、概ね下級条件に影響を与えるのみだが、それとはまた別として、中央で幾つかの勝利を上げ、賞金を持って転入してくる馬が、オープンクラスに与える影響も、決して小さくない。

 門別短距離路線もその例に漏れないが、今年は例年以上にこの傾向が強く、大一番の道営スプリントを前に、群雄割拠の様相を呈している。

 メンバーの半数ほどを占める、再転入馬を含めた新勢力の中で、クーファアチャラの伸びしろは異彩を放っている。転入初戦でヒダカソウCを勝利し、牝馬の中距離路線に地位を確立したわけだが、ブリーダーズGCを前にして早々に短距離路線に切り替えると、自身初の1200m戦にもかかわらず、オープンクラスをあっさりと快勝した。

 それをステップに遠征した秋桜賞で、地方所属の牝馬では全国トップレベルダノンレジーナとハナ差の激戦を演じたのだから、この馬の実力も推して知るべしだろう。相手は歴戦の一線級スプリンターだが、ここに来ての急激な成長ぶりなら、互角以上にやれるのではなかろうか。

 ただ、展開面に目を移すと、クーファアチャラも含め、イッツクールジランドールなどの快速馬たちが、超特急アザワクを巡る熾烈なハナ争いを繰り広げ、ともすれば前崩れの展開を誘発しそうである。そうなると、昨年の覇者ジャスパーシャインや、末脚確かなスマートアヴァロンには、強い追い風が吹くことになろう。

 そして忘れてはならないのが、門別生え抜きのスティールペガサスだ。北海道スプリントCで地元馬最先着の5着に善戦したあと、ここ2戦の連勝劇は、「本格化」という言葉がぴったりである。自在性があり、想定される激しい展開も問題にはならない。転入馬たちを打ち破れるとすれば、この馬しかいない。

(文:競馬ブック・板垣祐介)

ホッカイドウ競馬特集ページはこちら!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す