スマートフォン版へ

名牝シーザリオの孫オールマイデイズがデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2022年11月21日(月) 18時00分
 いよいよ、今年の東京開催もラストウィーク。ジャパンカップデーの日曜日に組まれている芝1800mのメイクデビューには各厩舎の血統馬が揃っており、注目の一戦だ。

【11月26日(土) 東京芝1600m】

マンスール(牡、父サトノアラジン母バシマー、美浦・栗田徹厩舎)

 祖母の半姉にウインドインハーヘアがおり、ディープインパクトの近親にあたる。「まだ背腰など体質的に弱いけど、ひと追い毎に良くなっている。走る気持ちが強いし、いいスピードがありそう」と栗田徹調教師。鞍上はT.マーカンド騎手が予定されている。

レイベリング(牡、父Frankel母Noyelles、美浦・鹿戸雄一厩舎)

 半姉Lily's Angelは愛GI・メイトロンSの2着馬。近親には香港ヴァーズの勝ち馬や仏GI馬が並んでいる。「気持ちが前向き。立派な馬体をしているし、体形的にもマイラータイプだと思います」と鹿戸雄一調教師。鞍上はM.ギュイヨン騎手が予定されている。

【11月27日(日) 東京芝1800m】

オールマイデイズ(牡、父リアルスティール母ロザリンド、美浦・木村哲也厩舎)

 オーソリティ(国内外で重賞4勝、ジャパンC2着)の半弟。名牝シーザリオの孫にあたり、おじにエピファネイアリオンディーズサートゥルナーリアがいる。「大柄で緩さがあるけど、再入厩後は順調。ひと追い毎に良くなっている。いい脚を長く使うようなタイプだと思います」と木村哲也調教師。鞍上はC.ルメール騎手が予定されている。

ステラデルシエロ(牡、父ダイワメジャー母サザンスターズ、美浦・畠山吉宏厩舎)

 今年の桜花賞オークスを制したスターズオンアースの半弟。「ゲート試験を受けた頃より、再入厩後は体つきがスッキリとしてきた。ある程度は時計も出るようになり、ひと追い毎に良化している。当初は1600mも考えていたけど、スピードに乗るまでに時間がかかるので1800mから使っていきます」と畠山吉宏調教師。鞍上はD.レーン騎手が予定されている。

タスティエーラ(牡、父サトノクラウン母パルティトゥーラ、美浦・堀宣行厩舎)

 母はデビュー勝ちを含め、芝1600mで3勝。一族にはカンパニートーセンジョーダントーセンホマレボシトーセンスターダムなど多くの活躍馬がいる。先週の追い切りはウッドチップコースで3頭併せ。6F84.6-1F11.3をマーク。ひと追い毎に時計を詰めており、仕上がりは順調だ。鞍上はR.ムーア騎手が予定されている。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す