スマートフォン版へ

【有馬記念】タイトルホルダーがファン投票第1回中間発表でトップ

スポーツ報知
  • 2022年11月24日(木) 16時13分
◆第67回有馬記念・G1(12月25日、中山競馬場、芝2500メートル)

 ファン投票第1回中間発表(有効投票総数177万891票)が11月24日に行われ、今年は天皇賞・春宝塚記念を圧勝しているタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)が15万7329票を集め、1位に立った。

 2位には昨年の年度代表馬エフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父エピファネイア)、3位には古馬相手の天皇賞・秋でG1初制覇を果たしたイクイノックス(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎、父キタサンブラック)が入った。なお、この上位3頭は現時点で出走を予定している。

 10位までの順位は以下の通り。

 (1)タイトルホルダー  15万7329票

 (2)エフフォーリア   12万7957票

 (3)イクイノックス   12万6406票

 (4)ドウデュース    11万4370票

 (5)アスクビクターモア  9万3233票

 (6)ソダシ       7万5292票

 (7)ジェラルディーナ  7万5061票

 (8)ディープボンド   7万4859票

 (9)スターズオンアース 6万9270票

 (10)ポタジェ     6万1950票

スポーツ報知

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す