スマートフォン版へ

【阪神JF予想】風雲急を告げる「急上昇馬」が出現! 人気馬の低偏差値に大波乱の予感

  • 2022年12月09日(金) 20時00分
 今週も引き続き「中山・阪神・中京」の3場開催。重賞は土曜日に中日新聞杯(GIII・中京・芝2000m)、日曜日にカペラS(GIII・中山・ダート1200m)と、阪神JF(GI・阪神・芝1600m)が行われます。

 中でも注目となるのは、やはり2歳牝馬の女王を決める一戦・阪神JFでしょう。

 かつては波乱傾向のあるGIレースでしたが、近年は堅く収まることも多い一戦。ウオッカブエナビスタアパパネなどの名牝もこのレースを勝利しており、最近でもラッキーライラックソダシなどの活躍馬を輩出している注目レースです。

 今回は、このレースで各馬の偏差値をチェック。まずは、今年の出走メンバーを確認しておきましょう。

 上位人気になりそうなのは、アルテミスS(GIII・東京・芝1600m)の1着馬ラヴェル (牝2・栗東・矢作厩舎)と、2着馬リバティアイランド(牝2・栗東・中内田厩舎)でしょう。

 そこに、前走の札幌2歳S(GIII・札幌・芝1800m)で1着となったドゥーラ(牝2・栗東・高橋康厩舎)、前走もみじS(オープン・阪神・芝1400m)圧勝のウンブライル(牝2・美浦・木村厩舎)も出走。

 さらには前走コスモス賞(オープン・札幌・芝1800m)で2勝目をあげたモリアーナ (牝2・美浦・武藤厩舎)も人気になりそうです。

 そして新潟2歳S(GIII・新潟・芝1600m)1着のキタウイング (牝2・美浦・小島厩舎)、ファンタジーS(GIII・阪神・芝1400m)1着のリバーラ(牝2・美浦・高柳瑞厩舎)などなど。例年にも増して能力の高そうな豪華メンバーが揃ったという印象です。

 こんなときにチェックしておきたいのが、netkeibaオリジナル『調子偏差値』。出走馬の調子を偏差値化、ランキング順でも表示できる予想ツールです。

 激走する可能性のある人気薄や危険な人気馬も数値判定が可能で、特に調子が上がっている馬は「急上昇」マークでピックアップ。まさに馬券戦略の強い味方といえるでしょう!

 それでは12月9日(金)に出た『阪神JF』の調子偏差値速報をお届けします。

 まず今回は、なんと「急上昇」の馬が2頭も登場。そのほかも何やら波乱含みの偏差値順になっています。

 現在1番人気が予想されるリバティアイランドは、偏差値65で11位。まだ70台を出したことのない馬ですから問題はないとも考えられますが、ほかの偏差値が高い馬に逆転されるというシーンもあるかもしれません。

 2番人気が予想されるラヴェルは、偏差値71で3位。こちらは連勝中で、偏差値60台から一気に上昇。それでも急上昇にならないというのは、それだけメンバーレベルが高いということでしょう。

 3番人気が予想されるウンブライルは、偏差値68で7位。こちらは1着だった前走のもみじSとほぼ同様の数字となっています。

 ちなみに急上昇の2頭は、人気中位と人気薄といったところでしょうか。馬券的に面白そうな馬がピックアップされています。

 あなたの本命馬は、どんな偏差値なのか…。この機会に『調子偏差値』をチェックしてみてはいかがでしょう?

 なお、日曜日の中京11レース・知立S(3勝クラス・芝1200m)の調子偏差値は無料でご覧いただけます。

※レースによって「急上昇」に該当する馬がいない場合があります。該当馬の有無はご購入前にご確認ください。

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す