スマートフォン版へ

【セントポーリア賞】“ドゥ軍団”の新たな一頭ドゥレッツァがクラシック路線に名乗り/POGマル秘週報

東京スポーツ
  • 2023年01月25日(水) 18時01分
 現在、JRAに登録されている“ドゥ”で始まる馬名は3歳世代だけで計15頭。イメージ通り、ドゥラメンテ産駒がその多くを占める。昨年暮れのホープフルSを制したドゥラエレーデドゥーラ(札幌2歳S)などの活躍馬が出ているトレンド馬名&血統だ。

 日曜(29日)東京の1勝クラス・セントポーリア賞(芝1800メートル)に出走するドゥレッツァ(牡・尾関)もドゥラメンテ産駒の“正統派”。ちなみに昨年の当レースの覇者は後に菊花賞で4着するなど活躍中のドゥラドーレス(牡=父ドゥラメンテ・宮田)である。

 ドゥレッツァも2戦1勝の戦績でまだ底を見せぬホープ。新馬戦(中山芝内2000メートル3着)は勝負どころで上がっていったものの、前々で流れに乗った1、2着馬を捕まえ切れなかったが…。続く未勝利戦(東京芝2000メートル1着)では好位集団の後ろにつけると、先に抜け出しかけた馬を最後はクビ差捕らえてみせた。当時の2着馬サトノグランツ、そして新馬戦の2着馬パクスオトマニカとも次走V。いずれのレースともレベルが高かったことを追記しておきたい。

「トレセンに入厩した時からそうですが、調教でも1回目より2回目、順応するのに少し時間がかかるタイプのようです。ただ学習能力自体は高い。2戦目ではレースぶりが初戦とは違っていましたからね」と話すのは尾関調教師。まだゲートをアオリ気味に出るなど、粗削りな内容の中にも、1戦目と2戦目の違いをハッキリと感じ取り、それを最大の長所ととらえている。

 1週前追い切りは南ウッドで3歳未勝利馬を相手に追走併入(6ハロン82.9-11.7秒)。トレーナーの見立てをなぞるがごとく、前走以上の動きを見せ、着々とステップアップしている印象を受ける。

「タイプとしてはまだまだこれから芯が入ってくる感じ。2000メートルから1800メートルになってどうかですが、ここを勝てるようなら先々を考えた場合に選択肢も広がる。それに上のクラスに上がればスピードも必要になってくるので(1800メートルの)ここでの走りがいい経験にもなる。課題のゲートも徐々に良くなっていますよ」

 尾関調教師は「経験を積んでいる段階」としながらも、しっかりと“先”を見据えている。

 鞍上には引き続きルメールを予定。ここを制してまた“ドゥ軍団”の新たな一頭がクラシック路線に堂々と名乗りを上げるのか、その走りに注目してほしい。

(立川敬太)

東京スポーツ

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す