スマートフォン版へ

小倉の鬼・メイショウカイドウが引退

  • 2007年09月26日(水) 11時10分
 04年、05年の小倉記念連覇など、小倉競馬場で重賞4勝を挙げたメイショウカイドウ(牡8、栗東・坂口正大厩舎)が、10月3日付でJRA競走馬登録を抹消することがわかった。今後は小倉競馬場で乗馬となる予定。

 メイショウカイドウ父スキャン、母はJRA4勝のキンセングローリー(その父ヒッタイトグローリー)という血統。02年1月にデビューし、04年小倉記念(GIII)で重賞初制覇を果たすと、翌05年の小倉大賞典北九州記念小倉記念(全てGIII)を制し、27年ぶり史上4頭目の小倉平地古馬重賞完全制覇を果たした。昨年は福島でも七夕賞(GIII)を制覇。8日の朝日チャレンジC(GIII)10着が最後のレースになった。通算成績43戦11勝(地方2戦1勝、重賞5勝)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す