スマートフォン版へ

ゴールドヘイロー産駒、アポロラムセスが勝利

  • 2007年10月13日(土) 10時00分
 13日、東京競馬場で行われた1R・2歳未勝利(ダート1400m)は、勝浦正樹騎手騎乗の1番人気アポロラムセス(牡2、美浦・柴崎勇厩舎)が中団追走から外めを回り、4角で先行集団に取り付くと、直線長くいい脚を使って優勝。この勝利が新種牡馬ゴールドヘイロー産駒JRA初勝利となった。勝ちタイムは1分27秒8(良)。1.3/4馬身差の2着には2番人気ベストロケーション、さらに1.3/4馬身差の3着には12番人気ネイヴルトウショウが入った。

 勝ったアポロラムセス父ゴールドヘイロー母ロングモニュメント(その父サンダーガルチ)という血統。9月9日の新馬(中山・ダート1200m)は2着。前走の未勝利(中山・ダート1200m)も1番人気に推されながら3着に敗れていた。通算成績3戦1勝。

 同馬の父ゴールドヘイロー父サンデーサイレンス母ニアーザゴールド(その父Seeking the Gold)という血統。半兄に01年函館記念(GIII)を勝ったロードプラチナム(父トニービン)がいる。大井で5勝を挙げた後に種牡馬入りし、地方ではモエレプットが5月30日の旭川7Rで産駒初勝利を挙げている。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す