スマートフォン版へ

外国産馬ダノンゴーゴーが差し切り/2歳新馬

  • 2007年11月03日(土) 13時00分
 3日、京都競馬場で行われた6R・2歳新馬(芝1200m)は、安藤勝己騎手騎乗の1番人気ダノンゴーゴー(牡2、栗東・橋口弘次郎厩舎)が、中団追走から直線で外に出されると鋭い決め脚を見せ、2番人気デビルズコーナーに1馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分09秒4(良)。さらに1.1/4馬身差の3着には7番人気レジアスが入った。

 勝ったダノンゴーゴーは、父Aldebaran、母はPotrinner(その父Potrillazo)という血統の米国産馬。半姉に05年サンズポイントS(米G3)に勝ち、05年アメリカンオークス(米G1)でシーザリオの2着に入ったメロールアインダ Melhor Ainda(その父Pulpit)、従姉にディアデラノビア(フローラS-GII、京都牝馬S-GIII)がいる。今年のキーンランド2歳トレーニングセールにて40万ドル(約4800万円)で落札されていた。

 勝ち馬の父Aldebaran(父Mr.Prospector)は現役時代、03年メトロポリタンHなど米G1を3勝。現2歳が初年度産駒の新種牡馬で、今回が産駒のJRA初勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す