スマートフォン版へ

平安S、クワイエットデイが激戦制す

  • 2008年01月27日(日) 15時45分
 27日、京都競馬場で行われた平安S(4歳上、GIII・ダート1800m)は、角田晃一騎手騎乗の6番人気クワイエットデイ(牡8、栗東・松元省一厩舎)が、好位の内から直線半ばで先頭に立つと、中団から差を詰めた1番人気メイショウトウコンの追撃をクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分51秒0(稍重)。さらにアタマ差の3着には5番人気マコトスパルビエロが入り、2番人気ドラゴンファイヤーは後方追走から伸びを欠いて9着に終わっている。

 勝ったクワイエットデイは、父サンデーサイレンス、母は米2勝のアリーズデライト(その父Alydar)という血統。02年11月のデビューから4戦目で初勝利を挙げ、その後も04年1月の早鞆特別(1000万下)から05年4月の梅田S(1600万下)まで14戦連続で3着以内に入るなど、ダートの中距離戦で活躍。06年の雅S(1600万下)を勝ってオープン入りを果たした。昇級後は勝ちきれないレースが続いたが、昨年の仁川S(OP)を10番人気で逃げ切ると、9番人気で臨んだマーチS(GIII)では最後方からの追い込みを決めて重賞初制覇。今回の勝利で重賞2勝目となった。通算成績39戦9勝(重賞2勝)。

 鞍上の角田晃一騎手は昨年の北九州記念(GIII、キョウワロアリング)以来のJRA重賞制覇で通算36勝目。管理する松元省一調教師はクワイエットデイで制した昨年のマーチS以来のJRA重賞制覇で通算23勝目となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す