スマートフォン版へ

キンシャサノキセキ、10度目の挑戦で重賞初制覇

  • 2008年07月06日(日) 15時25分
 6日、函館競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第1戦・第15回函館スプリントS(3歳上、GIII・芝1200m)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気キンシャサノキセキ(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、3番手追走から直線で抜け出すと、後方から末脚を伸ばした5番人気トウショウカレッジの追撃をクビ差抑え優勝した。勝ちタイムは1分08秒4(良)。さらに2馬身差の3着に4番人気キングストレイルが入った。

 勝ったキンシャサノキセキは、父フジキセキ母ケルトシャーン(その父Pleasant Colony)という血統の豪州産馬。伯父にリュパン賞(仏G1)など仏重賞5勝を挙げた種牡馬グルームダンサーがいる。

 05年12月のデビューから2連勝で06年ジュニアC(OP)を勝利。その後は重賞戦線で常に人気を集める存在となったが、06年NHKマイルC(GI)3着、前走の高松宮記念(GI)2着など好走もあったが勝ち星に恵まれず、今回10度目の挑戦で重賞初制覇となった。通算成績17戦6勝(重賞1勝)。

 鞍上の岩田康誠騎手安田記念(GI、ウオッカ)に続くJRA重賞制覇で今年9勝目、通算20勝目。管理する堀宣行調教師は06年(ビーナスライン)に続くこのレース2勝目。JRA重賞は昨年のセントライト記念(GII、ロックドゥカンブ)以来となる通算6勝目となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す