スマートフォン版へ

七夕賞、伏兵ミヤビランベリが逃げ切り

  • 2008年07月13日(日) 15時45分
 13日、福島競馬場で行われたサマー2000シリーズ第1戦・第44回七夕賞(3歳上、GIII・芝2000m)は、吉田豊騎手騎乗の7番人気ミヤビランベリ(牡5、栗東・加藤敬二厩舎)が、先手を取ると直線に向いてもしぶとく粘り、差を詰めた11番人気ミストラルクルーズを3/4馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分59秒8(良)。さらにハナ差の3着には3番人気マイネルキッツが入った。1番人気のカネトシツヨシオーは6着。

 勝ったミヤビランベリは、父オペラハウス、母がJRA1勝のアステオン(その父ホリスキー)という血統。06年5月のデビューから2戦目で初勝利を挙げると、その後も芝の中長距離戦を中心に出走し、前々走の鴨川特別(1000万下、京都・芝2000m)で3勝目。前走の関ヶ原S(1600万下、中京・芝2000m)は13着と大敗しており、今回は格上挑戦での出走だった。通算成績11戦4勝(重賞1勝)。

 鞍上の吉田豊騎手タイセイアトムで制したガーネットS(GIII)以来となる今年のJRA重賞2勝目で、通算23勝目。管理する加藤敬二調教師はミスズシャルダンで制した01年小倉大賞典(GIII)以来、約7年半ぶりのJRA重賞制覇で、通算では22勝目となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す