スマートフォン版へ

ローズS、マイネレーツェルが競り合い制す

  • 2008年09月21日(日) 15時35分
 21日、阪神競馬場で行われた第26回ローズS(3歳牝、GII・芝1800m)は、川田将雅騎手騎乗の7番人気マイネレーツェル(牝3、栗東・五十嵐忠男厩舎)が、中団追走から直線に向いて伸びると、同じく中団から追い込んだ9番人気ムードインディゴとの競り合いをハナ差制して優勝した。勝ちタイムは1分47秒3(重)。1番人気の桜花賞レジネッタはさらにクビ差の3着、2番人気のオークストールポピーは6着に敗れた。なお、上位3頭には秋華賞(GI)への優先出走権が与えられる。

 勝ったマイネレーツェルは、父ステイゴールド母ケイアイベール(その父サクラユタカオー)という血統の青森産馬。06年八戸市場にて200万円(税抜)で落札されている。

 昨年7月21日の小倉・芝1200mでデビュー勝ち。その後も小倉2歳S(GIII)3着、フェアリーS(GIII)3着と重賞で好走を見せ、11番人気で出走した今年のフィリーズレビュー(GII)で重賞初制覇を飾った。続く桜花賞(GI)は6着。今回はオークス(GI)9着以来の出走だった。通算成績12戦4勝(重賞2勝)。

 鞍上の川田将雅騎手オースミグラスワンで制した新潟大賞典(GIII)に続く今年のJRA重賞5勝目で、通算10勝目。管理する五十嵐忠男調教師はマイネレーツェルで制したフィリーズレビューに続く今年のJRA重賞2勝目で、通算では3勝目となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す