スマートフォン版へ

北九州記念、8番人気サンダルフォンが重賞初制覇

  • 2009年08月16日(日) 15時35分
 16日、小倉競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第3戦・第44回北九州記念(3歳上、GIII・芝1200m)は、酒井学騎手騎乗の8番人気サンダルフォン(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)が、中団追走から直線で抜け出し、2番人気レディルージュに1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分07秒5(良)。さらに3/4馬身差の3着には1番人気カノヤザクラが入った。

 勝ったサンダルフォンは、父サクラバクシンオー、母はJRA2勝のコウユーラヴ(その父ジェイドロバリー)という血統。半弟に昨年の小倉記念(GIII)2着のダイシングロウ(牡5、栗東・松田博資厩舎、父ダンスインザダーク)がいる。

 06年5月のデビューから4戦目(函館・ダート1700m)で初勝利を挙げ、その後もダート戦で勝ち星を重ねていたが、昨年4月の福島中央テレビ杯(1000万下、福島・芝1200m)で芝初勝利。同年7月のジュライS(1600万下、阪神・芝1200m)を勝ってオープン入りした。昇級後は勝ち星がなく、前走の米子S(OP、阪神・芝1600m)は4着。今回が5度目の重賞挑戦だった。通算成績30戦6勝(重賞1勝)。

 鞍上の酒井学騎手タフネススターで制した01年カブトヤマ記念(GIII)以来、約8年ぶりのJRA重賞制覇で通算2勝目。管理する松永幹夫調教師はダンスアジョイで制した2日の小倉記念(GIII)に続くJRA重賞2勝目となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す