スマートフォン版へ

キーンランドC、ビービーガルダンが重賞2勝目

  • 2009年08月30日(日) 15時25分
 30日、札幌競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第4戦・第4回キーンランドC(3歳上、GIII・芝1200m)は、安藤勝己騎手騎乗の2番人気ビービーガルダン(牡5、栗東・領家政蔵厩舎)が道中は先団を進み直線で先頭に立つと、12番人気モルトグランデに1.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分08秒4(良)。なお、2位に入線したモルトグランデが8着に降着となり、同馬から1/2馬身差離れた2着に13番人気ドラゴンウェルズが入り、さらに1/2馬身差の3着にグランプリエンゼルが入った。

 勝ったビービーガルダンは、父チーフベアハート母オールザチャット(その父Westminster)という血統。昨年夏に条件戦を3連勝してオープン入りを果たすと、続くキーンランドC(GIII)2着、スプリンターズS(GI)3着と重賞でも好走を続け、今年初戦となった阪急杯(GIII)で重賞初制覇を飾った。前々走の高松宮記念(GI)は16着、前走のマイラーズC(GII)は8着に敗れており、今回は約4か月ぶりのレースだった。通算成績20戦7勝(重賞2勝)。

 鞍上の安藤勝己騎手はブエナビスタで制したオークス(GI)に続く今年のJRA重賞5勝目で、通算67勝目。管理する領家政蔵調教師はシルクメビウスで制したユニコーンS(GIII)に続く今年のJRA重賞3勝目で、通算では15勝目となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す