スマートフォン版へ

スプリンターズS、ローレルゲレイロが大接戦制す

  • 2009年10月04日(日) 15時45分
 4日、中山競馬場で行われた第43回スプリンターズS(3歳上、GI・芝1200m)は、藤田伸二騎手騎乗の6番人気ローレルゲレイロ(牡5、栗東・昆貢厩舎)が先手をとり、馬群の真ん中を追い込んだ2番人気ビービーガルダンと並んでゴールイン。長い写真判定の末、ハナ差でローレルゲレイロに軍配が上がった。勝ちタイムは1分07秒5(良)。さらに1.1/4馬身差の3着に8番人気カノヤザクラが入り、1番人気アルティマトゥーレは5着に敗れた。

 勝ったローレルゲレイロは、父キングヘイロー、母がJRA1勝のビッグテンビー(その父テンビー)という血統。06年6月のデビュー戦(函館・芝1000m)を快勝し、朝日杯フューチュリティS(GI)2着、NHKマイルC(GI)2着など早い時期からGI戦線で活躍。昨年の東京新聞杯(GIII)で待望の重賞初制覇を挙げると、続く阪急杯(GIII)も連勝。骨折休養後、今年の高松宮記念(GI)でGI初制覇を飾った。今秋はセントウルS(GII)から始動したが、逃げて14着と大敗していた。通算成績26戦5勝(うち海外1戦0勝、重賞4勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す