スマートフォン版へ

キンシャサノキセキ、1年4か月ぶりの勝利/スワンS

  • 2009年10月31日(土) 15時35分
 31日、京都競馬場で行われたスワンS(3歳上、GII・芝1400m)は、C.スミヨン騎手騎乗の4番人気キンシャサノキセキ(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が、好位追走から直線を向くと16番人気アーリーロブストとの叩き合いをクビ差制して優勝した。勝ちタイム1分20秒3(良)。さらに1/2馬身差の3着には3番人気マルカフェニックスが入った。1番人気のスズカコーズウェイは5着に敗れている。

 勝ったキンシャサノキセキは、父フジキセキ母ケルトシャーン(その父Pleasant Colony)という血統の豪州産馬。伯父にリュパン賞(仏G1)など仏重賞5勝を挙げた種牡馬グルームダンサーがいる。05年12月のデビューから2連勝を飾ると、その後も短距離戦線で堅実な走りを披露。08年函館スプリントS(GIII)で重賞初制覇を達成すると、同年のスプリンターズS(GI)も2着と好走した。しかし、今年は二桁着順が続いており、前走のスプリンターズSでは12着に敗れていた。通算成績23戦7勝(重賞2勝)。

 鞍上のC.スミヨン騎手はJRA重賞初制覇。管理する堀宣行調教師はこのレース初制覇。JRA重賞は今年の阪神牝馬S(GII、ジョリーダンス)以来となる通算8勝目となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す