スマートフォン版へ

BCクラシック勝ち馬ブラックタイアフェアーが死亡

  • 2010年07月05日(月) 18時00分
 91年の米国年度代表馬で、98年から03年までを日本のイーストスタッドで繋養されたブラックタイアフェアー(牡24)が1日、余生を送っていたケンタッキー州のオールドフレンズリタイアメントファームで死亡した。

 同馬は、父Miswaki母Hat Tab Girl(その父Al Hattab)という血統。2歳秋に米国でデビューすると、3歳暮れのシェリダンS(G3)で初重賞勝ちを記録。5歳時の91年にはブリーダーズCクラシック(米G1)を含む重賞6連勝を記録し同年の米国年度代表馬に選出された。通算45戦18勝。

 日本ではフジノウェーブJBCスプリント(交流GI)に勝っているほか、ワシントンカラーが芝ダート併せて4つの重賞ウイナーとなっている。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す