スマートフォン版へ

アパパネに快勝アニメイトバイオ「期待以上の変わり身」/ローズS

  • 2010年09月20日(月) 12時07分
 「第28回ローズS・GII」(芝1800m)は19日、阪神10Rに12頭で争われ、中団を追走した4番人気のアニメイトバイオが、直線で馬群を縫うようにして進出すると、大外から伸びたワイルドラズベリー(6番人気)を頭差で制し、重賞初勝利を飾った。勝ちタイムは1分45秒8。3着は5番人気のエーシンリターンズ。1番人気に推された2冠馬アパパネはいったん抜け出しかけたが、ゴール前で上位馬に飲み込まれ4着に敗れている。

「(春から)期待以上の変わり身。心身ともに成長している」。好メンバーがそろった前哨戦を制して、後藤は心地良さそうに額の汗を拭った。

 道中は中団やや後ろを追走。そこから鞍上の冷静な判断がさえ渡った。「前が横並びで嫌な形になったので、一歩引いて静観していた」と末脚勝負を決め込み、坂の上りで満を持してゴーサイン。優れた勝負根性を発揮して馬群をこじ開けた。「馬の力を信じていたが、あの窮屈なスペースを抜け出せるとは思わなかった」。栗東滞在も功を奏し、心身ともに大きく成長。最後の1冠獲りへ、ヒロイン候補に名乗りを上げた。

 牧師は11回目の挑戦でうれしい重賞初制覇。「(放牧先から)帰ってからびっくりするぐらい、いい体になっていた。本番と思って仕上げた。結果を出せて良かったよ」とホッとした表情を見せた。秋華賞へ向けて、最高のスタートを切った。今秋は主役の座を譲らない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す