スマートフォン版へ

笠松のエレーヌが心不全で死亡

  • 2010年09月27日(月) 21時00分
 岐阜県地方競馬組合は27日、同競馬所属のエレーヌ(牝3、山中輝久厩舎)が、25日未明に笠松競馬場の厩舎にて心不全により死亡したと発表した。

 エレーヌ父ダイタクリーヴァ母トラックマグナ(その父アラジ)、伯母にヴァイタルトラック(京成杯オータムH-GIII・3着)がいる血統。09年8月にホッカイドウ競馬でデビューし、1勝を挙げたのち笠松へ移籍した。

 移籍後は順調に勝ち星を積み重ね、3月のスプリングC(名古屋)で重賞初制覇。さらに4月の新緑賞(笠松)から東海ダービー(名古屋)まで重賞5連勝を達成し、今年度から実施されているグランダム・ジャパン3歳シーズンの初代女王に輝いた。

 その後も兵庫サマークイーン賞(園田)で古馬を破るなど活躍を見せたが、前走のノースクイーンC(門別)で13頭立ての最下位に敗退。これが最後のレースとなった。通算成績26戦11勝(うちJRA3戦0勝、重賞8勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す