スマートフォン版へ

ペルーサまさかの出遅れに安藤勝「テンションが…」/毎日王冠

  • 2010年10月11日(月) 12時07分
 2着も3歳馬エイシンアポロンだった。好位3番手から完全に抜け出したが、ゴール寸前で鼻差かわされ金星を逃した。「形としてはイメージ通り完ぺき。負けたのはしょうがないけど、これからの馬だから」と蛯名は初コンビの相棒の頑張りを評価した。「悔しい鼻差だね」と切り出したのは岡田師。「選択肢はたくさんある。オーナーとじっくり話し合います」と、次戦は天皇賞・秋マイルCSを含めて検討される。

 1番人気ペルーサは、ダービーと同じような形で大きく出遅れた。直線は懸命に差を詰めたが5着と、掲示板確保がやっとだった。「遅れるだけならいいけど、飛び上がる形だからダッシュもつかない。とにかく以前に乗った時よりテンションが高かった」と安藤勝。「(出遅れは)結構なハンデになったな。体なんかは春より良かったけど、あんなことをしているようでは。また練習して出直します」と藤沢和師は苦笑いを浮かべていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す