スマートフォン版へ

ペルーサ2着も陣営はショック隠せず/天皇賞・秋

  • 2010年11月01日(月) 12時08分
 トップ級の能力は示した。4番人気のペルーサは、次位のブエナビスタを0.5秒も上回るメンバー最速の上がり33.6秒で豪快に追い込んで2着。それでも、陣営に笑顔はない。満足感以上に、ショックの色を漂わせた。

 観客の注目が集まるスタート。ダービー毎日王冠に続きペルーサの出が悪い。ここ2走ほどではなかったが、いつもの加速のつかない飛び上がる形だった。実質的に2〜3馬身ほどのビハインドは、GIにおいては決定的でもある。「悔しいけど、まともに出れば位置が違うから」とは安藤勝。後方2番手からでは、さすがに歴戦の雄を一掃するのは厳しかった。

 一方で次元の違う末脚で猛追したのも事実だ。「いいレースせずに、これだけ走った。能力は大したもの」とジョッキーが言えば、藤沢和師も「勝った馬は強かった。でも、こっちも脚は使っている。力があるからもったいない」と能力を再認識する。「ひと息入れるか、ジャパンCに行くか」と次走は現時点で二択。最強牝馬の打倒一番手に浮上した3歳馬の動向から目が離せない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す