スマートフォン版へ

キンシャサノキセキが電撃引退、種牡馬に

  • 2011年03月28日(月) 13時20分
 JRAは28日、27日に行われた高松宮記念(GI)などを制したキンシャサノキセキ(牡8、美浦・堀宣行厩舎)が引退することを発表した。同馬は今後、社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 同馬は父フジキセキ母ケルトシャーン(その父Pleasant Colony)という血統の豪国産馬。05年12月のデビュー戦、続く06年ジュニアC(OP)と連勝し、初のGI挑戦となったNHKマイルC(GI)でも3着に好走した。以降も10年高松宮記念、09・10年阪神C(GII)、09年スワンS(GII)を制すなど短距離路線のトップホースとして活躍。前走の高松宮記念で、同レース史上初となる連覇を達成した。通算成績31戦12勝(重賞7勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す