スマートフォン版へ

横山典の好騎乗に導かれキングトップガンが重賞初V

  • 2011年05月29日(日) 12時03分
「第125回目黒記念・GII」(芝2500m)は28日、東京11Rに17頭(シャイニータイガーは出走取消)で争われ、7番人気のキングトップガンが8歳にして待望の重賞初勝利を飾った。先行策から直線で早めに抜け出すと、後続の追い上げをしぶとくしのぎ切った。勝ちタイムは2分32秒5。首差の2着は1番人気のハートビートソング、さらに半馬身差の3着には6番人気のヤングアットハートが入った。

 してやったりとは、このような勝利のことを言うのだろう。「返し馬から前向きな雰囲気だったし、馬場も悪いので斤量を最大限に生かそうと思っていた」。横山典の積極的なプレーに導かれ、メンバー最軽量の伏兵が府中の直線を押し切った。

 鞍上は昨年のオークス(サンテミリオン)以来となる久々の重賞V。また「普段から体重は軽いから大丈夫」とは言うものの、51キロでの騎乗は08年9月の中山競馬以来だった。「これだけ軽いと乗っていて加速が違う。減量騎手ならいっぱい勝てるかな」と冗談も交えながら笑みをこぼした。

 昨秋の大きな落馬事故を乗り越えた名手から、重賞初Vをプレゼントされた8歳馬の次戦は函館記念(7月24日・函館)を予定。「まだ体は若いからね」と鮫島師はサマーシリーズでの健闘を誓った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す