スマートフォン版へ

池添は7度目の挑戦、池江師は史上最年少でダービーV

  • 2011年05月30日(月) 12時05分
「第78回日本ダービー・GI」(芝2400m)は29日、東京11Rに18頭で争われ、中団やや後ろから進んだ1番人気のオルフェーヴルが、不良馬場をモノともしない豪脚を繰り出し快勝。雨中の頂上決戦を文句なしの強さで制し、同世代7458頭の頂点に立った。勝ちタイムは2分30秒5。1馬身3/4差の2着は直線勝負に賭けたウインバリアシオン(10番人気)。さらに7馬身差の3着には8番人気のベルシャザールが入った。

 14年目の池添は7度目の挑戦でダービージョッキーの仲間入りを果たした。泥と雨にまみれた顔に、涙が混じる。皐月賞馬で臨む重圧は相当なものだった。全てを乗り越え、ようやく穏やかな表情を取り戻した。「実感が沸いてきたというか、ダービージョッキーになったんだなと。すごいと思います。父にも初めて自慢できます」。父の池添兼雄調教師よりも先につかんだ栄冠に胸を張り、「あとは父と一緒にGIを穫りたい」と次の夢を語った。

 42歳と4か月17日でのダービー制覇となった池江師。グレード制導入後の84年以降、最年少V調教師となった。厩舎開業8年目にして、早くも頂点を極めたが、「10歳のときからダービートレーナーを目指してきた。あれから32年も経つから…」と苦笑い。夢を叶えて「長かった」と深く息を吐いた。

 ひと夏越せば大きく成長する血筋。次走は未定だが、当然3冠目の菊花賞(10月23日・京都)を視野に入れる。「(菊花賞で)3冠を目指すのか、三千は厳しいから天皇賞・秋になるのか、これからゆっくり考えたい」と明言を避けたが、「自分のなかでは“3冠の重み”というのがある」と、父が成し遂げた3冠制覇を見据える。頂点に輝いた人馬が、秋にはさらにスケールアップした走りを見せてくれるはずだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す