スマートフォン版へ

ファインチョイスが世代最初の重賞制覇/函館2歳S

  • 2011年08月08日(月) 11時59分
「第43回函館2歳S・GIII」(芝1200m)は7日、函館11Rに13頭で争われ、好位を追走した2番人気のファインチョイスが、直線で力強く抜け出し、この世代最初の重賞制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分10秒8。1馬身半差の2着は5番人気のアイムユアーズ、さらに1馬身半差の3着には4番人気のナイスヘイローが入った。なお、1番人気のコスモメガトロンは直線で伸びを欠き、4着に敗れている。

 勝敗を分けたのは向正面。馬群の中を通ったコスモメガトロンに対して、ファインチョイスは馬群の外から追走した。上村が「あそこで勝負はあったかな。うまく抑え込んだからね」と振り返れば、領家師も「向正面でいけると思った」と語る。ライバルを封じ込めるだけではなく、相棒の力を最大限に発揮。最後はムチを1発も入れることなく、100点満点の競馬を見せた。

 これで領家師は昨年のマジカルポケットに続き、函館2歳S連覇を達成。昨年の札幌2歳を制したオールアズワンを含めると、史上初の北海道2歳重賞3連勝となった。「たまたまそうなっているだけ」とおどけるが、育成牧場との連携を深め、夏の北海道シリーズで好結果を残している。

「この内容なら距離が伸びても大丈夫だろうからね。(可能性は)無限にありそうだよ」と指揮官。このあとは放牧へ出し、クラシックに向けて成長を促す。新種牡馬アドマイヤムーン産駒の素質馬が、GI戦線をにぎわすことになりそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す