スマートフォン版へ

モンストール、極上の瞬発力で快勝/新潟2歳S

  • 2011年09月05日(月) 12時07分
「第31回新潟2歳S・GIII」(芝1600m)は4日、新潟11Rに18頭で争われ、中団を追走した4番人気のモンストールが馬場の真ん中から上がり32秒7の脚で一気に抜け出すと、1番人気ジャスタウェイの追撃を3/4馬身差で振り切り、重賞タイトルを手にした。勝ちタイムはレースレコードの1分33秒8。さらに5馬身離された3着には9番人気のクイーンアルタミラが入った。

 完璧なパフォーマンスに柴田善の表情は緩む。「道中はリラックスした走りで、仕掛ければいつでも行ける状況。自信を持って追い出した。大事にすればかなりいいところまで行く」と今後の活躍にも太鼓判を押した。

 ジョッキー以上に頬を緩めたのは、開業3年目でうれしい重賞初Vとなった尾関師だ。4月のブリーズアップセールでホレ込み、管理するに至った思い入れ深い一頭。「西の強い馬が来るから、調教を積まないと勝ち負けできない。馬がへこたれずによく応えてくれた」と中間は意欲的な調教を敢行する攻めの姿勢を貫いた。1〜3番人気を関西馬が占めるなか、東の新鋭トレーナーが意地を見せた。

 当面の最大目標は朝日杯FS(12月18日・中山)。「1回使ってから本番が妥当な線」と師は見通しを語る。今年は東の期待馬が2歳戦線をけん引していく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す