スマートフォン版へ

ダークシャドウ、32秒台の末脚で重賞連勝/毎日王冠

  • 2011年10月10日(月) 12時08分
「第62回毎日王冠・GII」(芝1800m)は9日、東京11Rに11頭で争われ、中団やや後方を追走した1番人気のダークシャドウが直線で馬群の狭いところから抜け出し、前を行く2番人気の僚馬リアルインパクト(2着)を首差捕らえて、重賞2勝目を挙げた。勝ちタイムは1分46秒7。さらに首差の3着には5番人気のミッキードリームが入った。

 秋初戦、強さの際立つ勝ちっぷりがGI獲りへの期待を大きく膨らませた。メンバー中の、そして自身のキャリアのなかでも最速となる上がり3F32秒7の爆発的な末脚で、1番人気に応えた。

 ピンチを乗り越えての重賞連覇。ただ、福永は意外なくらいに冷静にレースを振り返る。「直線半ばまでスペースがあかず、どうしようかと思った。でも狭いところにひるまずに入って、抜け出してからは気持ち良さそうに走っていた」。意識的に好位キープで臨んだエプソムCと違い、馬のリズムを重視。「その方がいい脚を使うと思っていたから」。GIを見据えた競馬を試みて、Vという最高の結果も収めた。

 鞍上とは対照的に、飯塚知一オーナーは「途中では完全に負けたと思った。驚いた」と、その表情は紅潮気味。「次は天皇賞へ。祐一君で行きます」。福永には他陣営からも騎乗の依頼があるなか、熱烈なラブコールを送った。

「夏を越して良くなっている。精神的に落ち着きが出た」と鞍上も成長ぶりを称賛。GIII、GIIとステップを踏み、さあ盾獲りへ-。5戦5勝とした東京との相性の良さも武器に、GI初挑戦で即Vを飾るシーンも十分にありそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す