スマートフォン版へ

フサイチコンコルドが種牡馬引退

  • 2011年10月14日(金) 19時00分
 北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで繋養されていた種牡馬フサイチコンコルド(牡18)のシンジケートが解散。青森県の太田ファームで余生を送ることになり、14日夕方に移動した。

 フサイチコンコルド父Caerleon母バレークイーン(母の父Sadler's Wells)。半弟にアンライバルド(皐月賞-GI)などがいる血統の早来産馬。現役時は栗東の小林稔厩舎に所属し、通算5戦3勝。デビュー3戦目の日本ダービーを制した。98年から社台スタリオンステーションで種牡馬入り。ブルーコンコルド(JBCマイルなどGI・7勝)、バランスオブゲーム(オールカマーなどGII・6勝)などを出している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す