スマートフォン版へ

「功労馬」コスモバルクがビッグレッドファームに到着

  • 2011年11月09日(水) 11時00分
 アイルランドでの現役復帰を目指しながらも屈腱炎を発症し、競走馬復帰を断念したコスモバルク(牡10歳)が11月8日し、新冠町のビッグレッドファームに到着した。

 同馬は父ザグレブ母イセノトウショウ(その父トウショウボーイ)という血統。通算成績は48戦10勝2着8回3着1回。主な勝鞍にシンガポール航空国際Cセントライト記念(GII)、弥生賞(GII)、ラジオたんぱ杯2歳S(GIII)、北海優駿などがある。

 一度は現役引退を決めたが、2011年2月にトレーニングを再開し、6月に現地入り。レースへの出走を目指したが8月に屈腱炎を発症。現役引退となった。今後は、同ファームで功労馬として過ごす予定。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す