スマートフォン版へ

日本ダービー、キングカメハメハ快勝

  • 2004年05月30日(日) 15時45分
 30日、東京競馬場で行われた日本ダービー(G1・芝2400m)は、皐月賞で出遅れたマイネルマクロスが出ムチを打って先頭に。速いペースで流れ、地方馬初のクラシック制覇に挑む2番人気コスモバルクは3番手、4番人気の皐月賞ダイワメジャーが5番手を追走、変則2冠を狙う1番人気キングカメハメハ(牡3、栗東・松田国英厩舎)は中団の外め、青葉賞快勝の3番人気ハイアーゲームは中団後方待機策。

 4角手前でコスモバルクが仕掛け、先頭で直線を向くが、大外を回ったキングカメハメハハイアーゲームが一気に差してくる。坂上でキングカメハメハハイアーゲームを突き放すと、後方2番手待機から直線追い込んだ5番人気ハーツクライを1.1/2馬身抑え快勝した。勝ちタイムの2分23秒3(良)は、90年アイネスフウジン、99年アドマイヤベガが記録した2分25秒3のレコードタイムを2秒も短縮する快時計で、03年にダンツランニングが記録したコースレコードも0.3秒更新。3着はハイアーゲーム。4角先頭のコスモバルクは直線伸びず8着に敗れた。皐月賞ダイワメジャーは6着。マイネルブルックは、最後の直線で競走を中止した。

 勝ったキングカメハメハは、父Kingmambo母マンファス(その父ラストタイクーン)という血統で、半兄には00年サンタアニタダービー(米G1)を制したザデピュティ The Deputy(牡7、父Petardia)がいる。前走NHKマイルCからダービーに臨んだ馬はこれまで15頭おり、ダービーを勝ったのは02年のタニノギムレット以来2頭目。両レースを制したのは史上初。持ち込み馬のダービー制覇は96年フサイチコンコルド(父Caerleon)以来となる。通算7戦6勝(重賞3勝)。

 鞍上の安藤勝己騎手は、ダービー3回目の騎乗で初勝利。G1は03年高松宮記念(ビリーヴ)、菊花賞(ザッツザプレンティ)、04年フェブラリーS(アドマイヤドン)、NHKマイルC(キングカメハメハ)に続いての勝利で通算5勝目。

 管理する松田国英調教師は、02年にタニノギムレットで同レースを制しており、同レース2勝目。G1は、01年NHKマイルCジャパンCダート(クロフネ)、02年日本ダービー(タニノギムレット)、04年NHKマイルC(キングカメハメハ)、04年オークス(ダイワエルシエーロ)に続き通算6勝目となった。G1出走機会3連勝は史上初の快挙。同年のオークスダービー両制覇は、43年の尾形藤吉調教師(クリフジ)、51年の田中和一郎調教師(キヨフジ、トキノミノル)、73年の稲葉幸夫調教師(ナスノチグサタケホープ)に続き31年ぶり史上4人目。オークスが春(以前は秋)に施行されるようになってからは、稲葉師に続き2人目。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す