スマートフォン版へ

「強いのひと言」ワールドエースに小牧脱帽/きさらぎ賞

  • 2012年02月06日(月) 12時00分
 第52回きさらぎ賞・GIII(芝1800m)は5日、京都11Rに13頭で争われ、後方を追走した1番人気のワールドエースが、4角で前を射程圏に捕らえると、直線ではあっさりと抜け出し快勝。同じく後方から迫った4番人気のヒストリカル(2着)に1馬身半差をつけ、初タイトルを獲得した。勝ちタイムは1分47秒0。さらに3馬身差の3着には2番人気のベールドインパクトが入り、ディープインパクト産駒が上位を独占した。

 初黒星を喫した若駒Sから中1週、鮮やかな反撃だった。道中は中団の後方を追走。初コンビを組んだ小牧騎手は焦ることなく、馬を落ち着かせることに専念する。坂の下りで徐々に進出を開始すると、パートナーも直線で放たれた右ステッキ一発に呼応し、一気にエンジンを点火させた。

 鞍上は「4角でのムチで思った以上に行ってしまい、早め先頭に立ったが、余裕があった」と舌を巻く。ヒストリカルの追撃を上がり33秒0の脚で封じ、最後は手綱を緩めながらゴール板を迎えた。「強いのひと言。また乗せてもらえるように頑張りたい」。次元の違う内容で、ベテランをとりこにした。

 池江師もホッと胸をなで下ろす。「強かったですね。ユーイチ(福永)が我慢をさせてきたことが実を結んでいる。学習能力がありますね。前走は正直ガッカリしたが、きょうはインパクトがあったので取りあえずね」と言って頬を緩ませた。

 この後はいったん、滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧へ。次走については明言を避けたが「コーナー4つで折り合いをつけられるか、見てみたい」と視線の先にあるのは当然、クラシックを見据えた戦い。真のエースへ、父の背を追うように進化し続ける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す